F1史上最年少年間王者誕生

 F1のチャンピオン誕生には、本当に様々な要因が積み重なっているものである。単純に運転が上手いからと言ってドライバーになれるわけではないし、マシンの性能が悪ければ勝負にならない。そしてもちろん、レース上の運不運にかなりの部分で左右されることになる。ドライバーの実力など関係ないと言っても過言では無いくらいだ。いや、だからこそF1のチャンピオンは賞賛されるべきなのかもしれない。
関連リンク:FMotorsports F1
2008年11月03日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109007261

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。