BEATLES - A DAY IN THE LIFE

 ロック史上最高傑作アルバムとも評される「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のラストを飾る曲。壮大かつダイナミックに展開する曲調に対して、歌詞の内容は新聞記事についての皮肉っぽい感想だとか、ある朝寝過ごして焦っただとか、取り留めのないものに終始する。その曲と歌詞とのアンバランスさによって、一旦は日常的な思いや出来事に特別な価値があるように思わされつつ、結局はどうしようもなく無価値であることを再認識させられるのではないだろうか。「人生の中のある一日」は、それ以上でもそれ以下でもない。聴く者にフラットな視点を与えるこの曲は、各所で言われているとおりロック史上に残る偉大な曲であると言わざるを得ない。
2008年11月03日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。